行方不明人を発見する私立探偵

行方不明人を発見する私立探偵の調査相談・見積もり依頼

私立探偵 行方不明
私立探偵 行方不明人

 

家出や失踪など行方不明者数は平成24年中で年間約8万人と想像出来ないような数の方が消息不明になっています。このうち男性は約5万人、女性は約3万人、年代別で確認してみると70歳以上の高齢者が最も多く、この他20代以下の行方不明人についても3割に届く数字が出ています。

 

行方不明になってしまう原因はどのようなものがあるのかといいますと、家族関係の悪化による家出、病気、事業や職業の悩み、異性関係(男女トラブル)、学業、犯罪といろいろな事がきっかけで家を出てしまい行方が分からなくなってしまう方がいます。年間8万人という行方不明者は警察に届出が出されている方になっています。この他にも家出をしたまま連絡が取れていないという方はとても大勢います。また警察に頼ることができず独自に行方不明人や家出人、失踪人の行方調査を依頼している方もいます。そういった方々の話を聞いてみると、もっと早く探せばよかった、すぐに見つかると思っていたという方がとても多いです。

 

警察に相談しなかったという方に多いのが、どうせすぐに帰ってくるだろうと思っていたという方です。喧嘩をして家を飛び出してしまった、時々帰ってこない時があるからどうせ今回もそうだろうと思ったという方や妻や夫が浮気相手や不倫相手と駆け落ちしてしまったようなことは世間体が悪く誰にも言えなかった、子供を勘当してしまったがどうしても連絡を取りたいというような方もいます。

 

このような事例については警察ではなく、個人に合わせた対応をしてもらうことができる私立探偵事務所や興信所を利用する探し方を選ぶ方が多くなっています。私立探偵社は残された情報を元に情報を収集し、行方不明人がどういった行動を取るのか、どこへ向かうのか今までの経験をもとに調査を行うため、成功率の高さとスピードが特徴です。