浮気による慰謝料請求

浮気による慰謝料の請求について(私立探偵)

浮気の慰謝料請求は妻や夫だけでなく浮気相手にも行うことが可能です。ただし中には損害賠償を求めることができないケースというのもあるため注意が必要です。原則として交際相手が結婚していることを隠されていた場合など、既婚者だと知らずに嫁や旦那と付き合っていたというケースについては、相手には過失が無いとみなされます。ただし会社の同僚同士など少し行動すれば婚姻していると知り得た場合については請求が認められています。

 

まず配偶者への慰謝料請求ですが、浮気をされたと知った日から3年以内に請求しなくてはいけません。またできるだけ事前に証拠を収集しておくと、離婚を考える方も関係の修復を考える方も自分の優位に話を進めることができます。相場については100万円から300万円くらいの範囲になっていますが、もちろん個々のケースによってかなり違いがあるため具体的な金額については専門家に確認しなくてはいけません。

 

浮気相手への慰謝料請求についてはまず素性を特定する必要があります。こちらも探偵などに浮気調査を依頼して最低でも内容証明を送る住所や氏名を入手してください。さらにラブホテルに出入りしている写真や動画などがあれば、こちらも自分の優位に話を進めることが可能です。基本的には示談で和解を目指すことになりますが、相手が話し合いに応じない場合は調停を申し立て、それでも話がまとまらない場合は裁判を起こすことになります。少しでもスムーズに話を進めるには証拠の収集と弁護士などのサポートを得ることがベストです。

 

⇒浮気の慰謝料請求に強い私立探偵ランキング