盗撮は法律違反になるのか

私立探偵による盗撮は探偵業法やその他の法律違反になるのか

探偵といえば張り込みや尾行を行いいろいろな情報を収集する依頼を請け負っています。探偵といえば浮気調査などが有名ですが、証拠として写真やビデオ(動画)などを撮影することが一般的です。これらの情報は離婚裁判や民事訴訟でも法的効力をもった資料として活用されていますが、盗撮行為は違法ではないのかと心配している方は多いです。

 

探偵業法では探偵が適切な業務を行うようにいろいろな義務が定められています。探偵業務を行う者は探偵だからといって、探偵業法以外の法令で禁止・制限されている行為を行うことができるわけではないとされています。これは探偵業務の実施の原則で、探偵だからどんなことをしても許されるというわけでは無いのです。

 

では盗撮行為は違法ではないのでしょうか。探偵が浮気現場をカメラで撮ったり、また携帯やスマホ(スマートフォン)でムービーを撮るということは法律違反にはならないという解釈が一般的ですが、中には民法上の不法行為として盗撮に対し損害賠償請求された事例もあるため、撮影方法や入手した画像の取り扱いによって少し事情が変わります。

 

また入手した画像を第三者に公開することは肖像権の侵害になり慰謝料請求される可能性があります。もちろん依頼者自身も入手した画像を本来の目的以外に使うことはできません。また探偵だからといって業務に関係の無いところで誰でも撮影していいのかというとそうではありません。もちろん住居など建物に侵入して隠しカメラを取り付ける、自動車に無断で撮影機を撮り付けるということは探偵業法違反だけでなく、刑事罰の対象になりますから、そのような方法で調査を行う業者は絶対に利用しないでください。

 

⇒探偵業法を満たした安心の興信所一覧