ストーカーの冤罪や勘違いの原因と対策

ストーカーの冤罪や勘違いの原因と対策について

ストーカーかどうかは被害を受けている側の人が判断することになることがほとんどです。ですから時には勘違いからストーカー冤罪が起こってしまうこともあります。規制法ではつきまといなどの行為を繰り返すことをストーキング行為だと定めています。しかし具体的な回数が決まっているわけではないので、数回程度のやり取りでストーカーにされたという方もいます。

 

年々規制法は厳しくなっており、携帯電話やスマートフォン(スマホ)のメールはもちろん、LINE(ライン)での会話やTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、ブログなどへの書き込みについても規制対象になっています。

 

そのため中には同じくらい書き込みをしている人がいても、その人が嫌いだからという理由だけでストーカーだと通報されてしまうこともあります。特に恋愛感情や執着するような気持ちを持っていなくても、相手がしつこい、うざったいと感じてしまうことでストーカーにされてしまうことがあるというわけです。

 

このようにして冤罪は生まれています。しかし本当に冤罪かどうかは第三者に判断してもらう必要があるため、ストーカーではないと誤解を解くための証拠が必要になってくる場合もあります。もし疑われているという方はどのように対処すればいいのか一度アドバイスを受けてみることをおすすめします。

 

⇒ストーカー対策で評判の私立探偵一覧