私立探偵社の信用調査

信用調査は私立探偵事務所の電話メール無料相談見積もり窓口

現在日本国内で行われる企業間のやり取りは主に信用取引が用いられています。商品やサービスを代金と引き換えに提供するのではなく、相手の会社を信頼し先に提供しています。少し先の期日に支払いを受けるこの方法はとても一般的です。

 

しかし中には約束手形の期日や締め日になったのに振り込みされない、支払いされないといったトラブルもあります。代金を回収するまでに相手の会社が倒産してしまうと、現金を回収することはできません。

 

探偵による信用調査を利用することでこのようなトラブルを事前に防ぐことができます。特にリスクが伴う大きな取引をするとき、また新しく取引を始めるときなどに探偵事務所の信用調査が利用されています。興信所はどのような取引をするのかにあわせ、知識のある調査員が情報収集やデータ確認にあたります。

 

気になる探偵会社の信用調査費用は新規調査で約3万円から8万円、後日の追加調査で2万円から5万円、この他知りたいことにあわせていろいろな調査項目を追加することができます。調査期間は10日営業日から約1ヶ月に対応しています。すぐに調べて欲しいというときは割増料金を支払うことで対応してくれるので相談してください。

 

探偵社への依頼方法はまずメールや電話にて無料相談を利用してください。もちろん調査は個人から法人まで対応しています。探偵による調査で対応可能かどうか、考えている契約や取引に対しどのようなことを調べればいいのかアドバイスを貰うことができますよ!

 

⇒信用調査で評判の私立探偵ランキング

 

信用調査とは?その必要性や調査方法など

まず信用とは確かなものと信じて受け入れるという意味がある言葉です。これまでの業績から信頼できると判断することや世間から与えられる評価のことをいいます。そして信用とは給付と反対給付との間に時間的なずれのある取引をさせる信頼という意味もあります。

 

信用調査の信用とは個人や企業が取り交わす契約や取引と時間差のある決済をするときに、相手が信頼できのかどうかという意味として考えてください。たとえば売掛で先に商品やサービスを提供する、小切手や手形で後から支払いを受ける、割賦で支払いを受けるなどが時間差のある決済になります。信用するには相手に支払い能力があるのか興信所を利用して調べることが一番安心です。

 

探偵による信用調査は相手企業や個人の支払い能力を判断することが目的になります。信用情報、業績や売り上げの推移、資金や資産、営業不振が無いかどうか、倒産の心配が無いかどうかを調べることが一般的ですが、この他希望にあわせいろいろな調査項目を追加することができます。調べた内容は信用調査報告書として受け取ることができます。

 

信用調査は取引で失敗しないためにとても必要性が高い調査になっています。調査方法はデータ収集だけでなく、実際に調査員が取引先に足を運び直接調査することもあります。あくまで公平な立場として相手を信頼していいのか信用調査レポートにまとめてもらうことができます。大きな取引をするとき、また新規に業務契約を結ぶときなどに活用してください。

 

⇒信用調査に強い私立探偵社一覧

 

企業信用調査とは?与信チェックや財務リスクなど

企業信用調査ではどのようなことを調べることができるのでしょうか。まず一番最初に行われるのが、その企業が公表している情報が正しいのかどうかという調査です。たとえば会社の基本情報、事業の内容、業績の推移、従業員や設備の状況、取引先や得意先、取引銀行や資金、資産、不動産の登記情報などの企業データを確認します。この他にも知りたいことにあわせて信用情報や与信チェック、財務調査などを追加することができます。

 

法人における与信調査は企業信用調査でも重要視されることがとても多い定番の調査です。特にリスク調査で企業与信の状況を確認することで、大きな取引や新規に契約を始めるときに与信リスクを避けることができます。どんなときに利用されているのかといいますと、リース契約を結ぶときや売掛で商品を先に販売するときなどです。

 

銀行など金融機関が認める企業融資の枠を与信といいます。これが大きければ大きいほどこの企業は信頼度が高いと判断できるわけです。企業信用調査ではどの程度ならば相手を信じてもいいのか、その限度を設定するための情報を収集することができます。

 

クレジットカードを作るときには限度額が設定されますが、その限度額までその人はお金を返済できるだろうと信用されていることになりますよね。このような企業情報調査は興信所や探偵事務所に依頼することができます。費用は知りたいことにあわせて事前に見積もりがとれるので興味のある方は一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 

⇒信用調査の無料相談・見積もり依頼窓口

 

個人信用調査とは?カード・ローンの責務や前職・犯罪歴など

個人信用調査とは個人の信用情報を調べることをいいます。与信などを確認することでその人がどれだけ信頼できるかを判断することができます。個人信用調査会社は個人間で金銭が発生する取引や不動産の売買をするとき、お金を融資するとき、この他にも結婚相手や妻や夫に隠された負債が無いかどうか、借金の連帯保証人になった人物が信頼できるのかどうか調べたいというときに活用されています。

 

個人信用調査といえばお金に関する信頼度を調べることが主になりますが、もちろん希望があれば、前職や暴力団との関係の有無、風評などその他の個人情報調査もあわせて調査することができます。日本個人情報データバンクという会社がありますが、こちらでは前科や前歴、犯罪歴など刑事事件データや自己破産、民事再生、任意整理、債務整理など民事事件データの有無を確認をすることができます。これらはもともと事件が起きたときに公開されている情報ですが、個人で洗い出しをするのはとても大変なため重宝されています。

 

クレジットカードの利用状況や住宅ローンの有無、消費者金融との契約状況などはCICなどの信用情報機関などで確認することができますが、本人やその代理人でしか開示請求することはできません。何かしらの理由で特定の人の信用情報を知りたいときは探偵社や興信所を頼り個人信用調査を利用することが一般的です。調べてもらえるかどうかはメールや電話でアドバイスを受けることができます。費用については事前に見積もりを取ることができるので安心してください。相場については1件あたり5万円から8万円ほどとなっているので参考にしてくださいね。

 

⇒信用調査に強い私立探偵事務所一覧

 

海外の信用調査とは?外国企業のバンク・与信・リサーチなど

外国企業と取引を行うときに欠かせないのが海外企業調査です。その中でも海外信用調査はとても重要で、海外会社の資産や資金、業績、そして与信などを調べることで思わぬトラブルに巻き込まれてしまうのを事前に防ぐことができます。特に海外と貿易を行う商社などで海外与信チェックは欠かせません。

 

海外対応の信用調査では海外バンクの与信状況を中心に調べることが多くなっています。基本情報に虚偽がないかどうか、格付けや外部からの評価、政府の登録データなどまで細かくチェックすることができます。現地の信用調査会社などと提携をしている興信所た探偵社などであれば約2週間ほどの期間で情報収集してもらうことができますよ。

 

調査はアジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中東、南米、オーストラリアなど世界各国に対応しています。価格面では北米、西欧が最もリーズナブルで、次にアジア、中南米、東欧、中近東、そしてアフリカやその他エリアなどは少し多めの予算を考えておくと安心です。

 

信用調査の方法は地元調査会社と連携したり、調査員が派遣されることになります。直接調査をするだけでなく、過去の調査履歴からレポートをコピーしてもらえる場合もありこちらは比較的料金が安いので利用しやすくなっています。海外リサーチ報告書は英文になっていることが多いですが、希望があれば和訳してもらうこともできます。費用は事前見積もりを取ることができるのでまずはメールや電話で問い合わせをしてみてくださいね。

 

⇒信用調査の無料相談・見積もり依頼窓口

 

東京商工リサーチ(TSR)の信用調査や評判について

東京商工リサーチとは企業信用調査や海外企業調査、市場調査、各種経済調査、情報取材や配信、倒産情報取材や配信、セミナー開催、公園、企業関連情報提供サービスなどを行う法人向けの信用調査会社です。本社は東京都千代田区にあり、全国に約80か所の事業所が展開されています。

 

東京商工リサーチは国内第二位の信用調査会社になっています。よく似た名前で東京企業リサーチという会社が信用調査の電話をかけてきた、実際に訪問してきたという事例があり悪い評判を目にすることができますが、別の会社になるため混同しないでくださいね。東京リサーチという名称で覚えている方もいますが、正しくは東京商工リサーチになるので覚えておいてくださいね。

 

与信管理や取引先データの整備をしたいときに活用されているのが東商リサーチのTSR企業情報ファイルです。もともとあるデータベースからマッチングを行い、適した情報を提供してもらうことができます。この他にも実際に調べて欲しい企業に対し、直接調査をしてもらうこともできます。

 

東京商工リサーチに調査を依頼するにはまずTSRポイント会員に加盟する必要があります。基本的には年間での契約になるため、とりあえず1社だけ調べたいというケースについては少し面倒に感じることもあるかもしれません。そのような場合は会員登録不要ですぐに相談できる興信所や探偵事務所の調査がおすすめになっています。こちらは無料相談にも対応していますし、比較的臨機応変に動いてもらうことができるのが特徴です。事前見積りも可能になっていますから、状況にあわせて利用を考えてみてくださいね。

 

⇒信用調査で評判の私立探偵ランキング

 

帝国データバンク(TDB)の信用調査方法や料金について

帝国データバンクは国内第一の信用調査会社です。帝国バンク、帝国リサーチといった名称で呼ばれることや、中には東京データバンクという架空の調査会社と混同されてしまうこともありますが間違えないでくださいね。本社は東京都港区で大阪にも支社があります。事業所は国内に約80か所展開されており、約1700人の調査員が所属しています。

 

帝国データバンクの調査方法は依頼先企業に電話をかけ、取材の対象になっていることを伝えます。あくまでも任意の調査になるため拒否されることもありますが、依頼者は誰なのか公表されることはまずありません。信用調査では実際に会社に足を運び、経営責任者と直接話をしたり取引先に裏付け取材を行います。この他この他公開されている基本情報に間違いが無いか確認します。

 

収集された情報はTDB会社情報にまとめられ、同時に評価をつけられることになります。評点の見方は100点満点になっており、信用程度をAからEの5段階で判断することができます。一度内容登録されると今後は帝国データバンクコード(TDBコード)でデータベースが管理され、今後も効率的に信用調査に活用することができるようになります。

 

料金調査問合票1枚につき約2万4千円からとなっていますが、加盟料が必要なため1回限りで取引先を調べたい場合は、帝国データバンクではなく登録不要の興信所や探偵社などを利用する会社も多いです。費用はもちろん事前見積もりが可能で、知りたいことにあわせ柔軟な調査を行ってもらうことができるので、利用状況にあわせて選んでみてください。

 

⇒信用調査の無料相談・見積もり依頼窓口

 

リサーチ会社の信用調査について

現在日本国内には信用調査を行うリサーチ会社がたくさんあります。法人を対象に信用調査を行う企業信用調査会社といえば、帝国データバンクや東京商工リサーチなどが有名です。ご自身の会社が取引先を調査してほしいと依頼することもあれば、別の企業があなたの会社に対し調査をする場合もあります。取材した内容はデータベースに保存され、加盟登録することでオンラインで情報収集できるようになります。

 

もちろん上記の他にも信用調査企業はたくさんあります。国内だけでなく海外を得意とするリサーチ会社もあるため、目的にあわせて選ぶことで的確に情報収集することが可能です。費用は信用調査会社によって異なりますが、1件あたり3万円から8万円ほどとなっていることがほとんどです。基本情報の確認、与信状況、取引先、市場データなどを収集してもらうことができ、データベースのコピーなどに対応している場合もあり持ち合わせている情報量はとても大きくなっています。ただし加盟登録料が別途必要になるため、興信所とどちらがいいのかは今後の利用状況をふまえて判断してみてくださいね。

 

個人を調べたい場合は個人向けの信用調査機関を利用することになりますが、その場合はリサーチ会社よりも探偵社の信用調査を利用することが一般的です。特に加盟料や登録料なども必要ありませんし、調べたいときに臨機応変に対応してもらうことができます。

 

探偵事務所は出張やメール、電話での問い合わせにも対応していますから気軽に相談できるというところがメリットでしょうか。もちろん個人だけでなく法人の調査にも対応しています。新しく取引を始めるとき、新規に契約を結ぶとき、不動産売買、個人間の融資や投資など様々な場面で信用調査は役立ちます。興味がある方は一度アドバイスだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

 

⇒信用調査に強い探偵社こちら