裁判による慰謝料請求

裁判による慰謝料の請求について(私立探偵)

慰謝料請求は示談や調停など話し合いで解決ができない場合は、最終的に裁判をすることになります。基本的に裁判は最終手段になるため、まずは調停で何度も話し合いをすることになります。時には請求した金額を減額してみてはと調停員に話をされる場合もあり、少しでも希望額のお金を受け取るには話し合いのプロを味方につけることがベストです。特に浮気や不倫、DV(家庭内暴力)などが原因で別れる場合、配偶者が話し合いに応じないこともありますから早くから弁護士などを頼る方が多いです。

 

裁判は調停と違い基本的に公の場で行われることになります。ですから別れることになった原因について詳しく証言をすることが必要です。人に聞かれてしまうことや視線を感じることにストレスを感じてしまう方も多く、そう簡単には解決することはできません。またどんな理由でも別れられるというわけではなく、不貞行為、そしてこの他家庭内暴力(DV)や性格の不一致や浪費、性の不一致などしっかりとした理由でなくては判決は下りません。

 

基本的に慰謝料請求をするには相手に過失があったことが認められなければなりません。配偶者の有責にするためには証拠が必要になります。例えば浮気であれば探偵などを雇い肉体関係のある交際があったことを明らかにしなくてはいけませんし、ドメスティックバイオレンスの場合はカルテや診断書、日記などが証拠になります。もちろん判決は絶対なのでいくら相手が慰謝料請求を拒んでも法的な効力が行使されることになります。とはいえ時間もお金もかかってしまいますから、できるだけ訴訟を起こさないように和解を目指すことがベストです。

 

⇒慰謝料請求に強い私立探偵ランキング