離婚による慰謝料請求

離婚による慰謝料の請求について(私立探偵)

もし配偶者の有責で離婚>をする場合は、特に訴訟を起こして裁判をしなくても相手が話し合いに応じれば慰謝料請求することが可能です。中には裁判しないとお金を貰うことができないとイメージしている方もいますが、個人間の話し合いだけで済ませる協議離婚であっても損害賠償の請求は可能です。特に示談においては判例や相場に関係なく、相手に支払う意思があれば自分の希望通りのお金を求めることが可能です。ただし相手の有責を明らかにできるような証拠などを用意して交渉することが必要です。

 

もちろん上記のようなケースはとても稀なことで、ほとんどの場合二人の間で納得できるような慰謝料請求額を決めることになります。しかし金額や支払い方法についてなかなか同意されない場合や、中には離婚自体に応じてもらえない場合もあります。そのような時は個人間で解決することは難しくなるため、家庭裁判所に申立てを行い離婚調停をすることになります。

 

調停員の立ち会いのもと和解を目指すことになりますが、自分の希望の条件で話を進めるためには交渉のコツをつかんだ専門家のサポートを受けることがベストです。一般的には100万円から300万円の範囲で請求されることの多い離婚の慰謝料ですが、裁判にまで進んでしまうと慰謝料請求してから受け取れるまで時間がかかってしまいます。また場合によっては大幅な減額で判決が下りることもあるため、少しでも話し合いで解決することが大切です。

 

⇒離婚の慰謝料請求は私立探偵ランキング