離婚後の慰謝料請求

離婚後の慰謝料の請求について(私立探偵)

離婚してからやっぱり慰謝料請求しておけばよかったという方はとても多いです。離婚後に有責の元配偶者に対し損害賠償を請求することは可能ですが、請求権には期限があるため時効になった場合についてはたとえ相手に非があっても求めることはできません。離婚した後にお金を請求する場合は、財産分与で2年、離婚慰謝料で3年になっているので注意してください。

 

ただし婚姻期間中に話し合いをしてお金をいらないと話がついていた場合は、たとえ期限内であっても離婚後に慰謝料請求することはできません。これは口約束であっても有効になるので注意してください。特に口論になってしまい、頭に血が上ってしまうとお金なんて欲しくないと言ってしまう場合があります。たとえ言葉だけのやり取りであっても和解したとみなされてしまうと後でお金を貰うことはできません。

 

離婚後に相手の有責が発覚した場合は未請求分を求めることができますが、ただし後から離婚慰謝料請求をする場合は相場よりも少し安くなってしまいます。もし相手が話し合いに応じない場合は調停や裁判を利用することになりますが、証拠を後から収集するのはとても難しいためそのような場合は、探偵社や弁護士を頼ることが必要です。もし別れてから3年以内の方が後になって精神的苦痛に対する賠償を求める場合は、相手に話をする前にしっかりと準備をしておくことがポイントですから、困ったことがある場合は専門家にアドバイスを受けてみてください。

 

⇒離婚後の慰謝料請求は私立探偵ランキング