交通事故による慰謝料請求

交通事故による慰謝料の請求について(私立探偵)

交通事故では物理的に損害を受けた代償やケガをした治療費などの他に慰謝料請求が可能になっています。損害賠償を求めることができる人は事故の被害者本人が原則です。ただし未成年の場合は親権者が、また事故によって本人が無くなってしまった場合などは遺族が権利を持つことになります。

 

慰謝料請求の方法はまず事故によって受けた損害を計算することになります。交通事故では慰謝料単体でなく、物損も含めた損害賠償全体として考えることが多いです。例えば車が壊れてしまった人は車の弁償を、怪我をしてしまった場合は通院費や入院費など治療費、後遺症が残ってしまった場合の賠償金や事故が無ければ得ることができた利益(逸失利益、休業損害)、そして精神的苦痛に対する賠償をトータルに考えて慰謝料請求することになります。

 

軽い交通事故の場合ですと保険会社をはさんで示談を行うことになりますが、自身が被害者になった場合、中には思っていたよりも示談金が少ないということがあります。特に事故によって休業しなくてはいけない場合、1日あたりどのくらいのお金で計算されているのか、治療費や通院費、交通費は満額出ているのか、そして精神的損害に対する賠償はみ合うものなのかしっかり判断する必要があります。自賠責保険では傷害慰謝料は1日あたり4200円が基準になっています。この数字は最低の相場になっているため、実際にはもう少し高いお金を請求することができるはずです。どのくらい請求できるのかということについては専門家にアドバイスを受けることがベストです。

 

⇒交通事故の慰謝料請求は私立探偵ランキング