婚約破棄による慰謝料請求

婚約破棄による慰謝料の請求について(私立探偵)

婚約破棄は正当な理由がある場合に認められています。結婚を約束していた相手と別れるときの慰謝料の相場については個々のケースによってかなり違いがありますが、不履行によって受けた精神的苦痛や婚姻の準備のために使ったお金などの損害について賠償を求めることが可能です。一般的な離婚の賠償は100万円から300万円になっているため、それに近い金額で請求をする方が多いです。

 

まず、相手が有責でこちらから婚約破棄を申し出る場合は、もちろん相手のせいで婚姻を成立させることができなくなったわけですから、元婚約者に損害賠償を求めることができます。例えば浮気をされていた、虐待や暴力、DVなどがあったという理由は正当な理由だと判断されており、あなたが望めば慰謝料請求が可能です。

 

次に特に理由が無く相手に急きょ婚約破棄された場合は、あなたから慰謝料請求をすることが可能です。ここでは婚姻が破談になったことで会社を辞めなくてはいけなくなった、また予約していた式場のキャンセル料金の支払いや新婚旅行の代金など、婚姻の準備にかかったお金についても損害を請求することができるため、婚約指輪や仲人への謝礼などを負担していた場合は慰謝料請求とは別に相手に求めることが可能です。

 

中にはわざと婚約者に嫌われるようなことをして、相手から婚約を破棄するように仕向ける方もいますが、これはもともとの原因になった人が有責だと判断されるため、そのような策略があった場合は嫌われようとした方に賠償責任が発生することになりますよ。

 

⇒婚約破棄の慰謝料請求は私立探偵ランキング