私立探偵の企業調査

企業調査で選ばれる私立探偵事務所の無料相談見積り依頼窓口

企業調査とは興信所などで行われている企業にかかわる全般的な調査のことをいいます。個人からの依頼ですと給料が支払われないので、会社の財務状況を知りたいという相談もあります。また経営者が資金を隠し持っていないか、また経営状況が悪化していないか調べてほしいという依頼も多いです。このような情報を事前に入手することで、会社が倒産してしまう前に退職して退職金を受け取ったり、また自分に不利益が被らないように対策を取ることができるようになります。

 

この他にも探偵社には企業間で何か取引を行う時に、相手の会社が本当に信頼できるのか確認したいという依頼が寄せられています。一見良好な経営状況に見えても、実は財務状況が悪化している場合というものあります。大きな取引を交わす時に借金が無いかどうか、手形はきちんと支払いされているかどうかなどを中心に調べるケースがとても多いです。この他プロジェクトの担当になっている人物の社内の評価などを探偵が足を使って聞き込みなどを行い調べることもあります。

 

探偵による企業調査では商談の中で話をした内容が本当かどうか知りたいと、社内設備や規模、実績、業績などを具体的に知りたいという相談もあります。また社内で雇用や人事、労務、セクハラやパワハラに関するトラブルは無いかなどを調べたいということも多いです。興信所では知りたいことに合わせ臨機応変に情報収集してもらうことが可能です。もちろんこのサイトで紹介している探偵事務所は不正な情報収集は行うことは無いので安心してください。

 

企業調査では上記の他にも法人が個人の素行を調べる場合もあります。たとえば就職に内定した人物や財務、経理などお金にかかわる部署に配属される社員、秘書や役職者が産業スパイではないかどうかなどを調べることもあります。料金については実際に興信所に問い合わせをして、何を調べてほしいのか伝えることで見積もりを取ることができます。探偵を雇う予算の相場については個々のケースによりかなり開きがあるので、メールや電話での無料相談を利用してまずは見積りを確認してみてくださいね!

 

⇒企業調査に強い私立探偵ランキング

 

企業調査の目的と活用法について

法人に関連した調査をまとめて企業調査と呼んでいます。企業調査の目的はいろいろありますが、ほとんどの場合企業が共に事業を行う上で、その取引相手が信頼できるのか調べることになります。たとえば取引をする会社の信用情報を調べ、資金や経営状況に問題が無いかどうか確認したり、複数の企業から新規取引をする1社を絞り込みたい時に、それぞれの業績や資金繰りなどの評価をチェックして審査するために利用されています。

 

またこの他にも株式投資などを行う時に銘柄の企業が安泰かどうかを調べておきたいという個人の方や、就職をする時にブラック企業ではないか確認しておきたいという方もいます。企業調査報告書の内容は調査会社によって書式が異なるものの、基本的には自分の目的に合わせて知りたいこと、重要視することを中心に調べてもらうことが可能です。信用調査は自分でできるやり方もありますが、まずは売掛取引依頼票や決算報告書の入手が必要なため、これが難しい場合はやはり探偵社など専門家を頼ることがベストです。

 

興信所などでは商業登記簿謄本や決算書の確認をしてもらうことが可能です。さらに設備状況や従業員数、セクハラやパワハラなどの社内トラブル、コンプライアンス違反が無いかより細かく調べることもできます。長年の取引先の状態を確認したい、新規に業務取引を行う相手を信用していいのか知りたいという時に利用されています。どこまで調べられるのかは実際に問合せをしてみてくださいね。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵の問い合わせ先一覧

 

企業調査の方法と報告書(レポート)の内容について

新しい取引を始めるので相手企業のことを詳しく確認したい、出会い系サイトの運営元を調べて怪しい会社なのか知りたい、未公開株の買い先が実在する企業なのか知りたい、融資案内が届いたが発行元の法人が怪しい、取引相手や契約相手の経営状況が知りたい、子供や婚約者、お見合い相手の勤め先を確認したい、外注先や下請けのデータ管理状況を確認したい、社員の経歴詐称があった、産業スパイを特定したいなどいろいろな目的で企業調査が利用されています。

 

これらを調べる企業調査の方法の中でも一番知りたいことを効率的に確認できるやり方が足を使った情報収集です。たとえば取引先がたくさん借金をしているようだという噂を聞いたときに、借金額だけを確認する手法ですと多額な負債を抱えている危ない会社だとしか判断できません。しかし返済状況はもちろん、他社との取引内容、経営状況、業績、そして何よりも風評や評判をしっかりチェックすることで、どれだけその会社が信頼されているのかが分かります。数字だけでは分からないことも聞き取りや取材をすれば見えてくることがあるのです。

 

企業調査を依頼するときに数字データだけのレポートで判断をするのは少し不安です。開示されている商号や代表者、所在地、資本金、従業員数や設立、沿革など企業の基本情報に相違がないか、事業内容や主要取引先(仕入先や販売先)、売上、業績の数字はもちろん、社内や社員の雰囲気、調査員の初見などいろいろなことが含まれた報告書が理想的です。このような調査結果は足を使った方法で調べることが必要です。信憑性の高い情報を入手するには、どんな理由でどんなことを知りたいのかにあわせ、いろいろな調査方法で対応してくれる調査会社を選ぶことがポイントになっています。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵社の問い合わせ先一覧

 

企業調査にかかる費用・料金項目について

国内最大手の企業信用調査会社を利用して経営状況などを調べる場合は、まず会員サービスに登録する必要があり、最低12万円からの加盟料を支払うことになります。調べてもらえる案件数は年会費をいくら払うかによって数が変わります。国内第二位の調査会社についても同様で、まずはポイント会員登録が必要になります。実際にかかる調査の費用は1案件あたり3万円くらいが目安になりますが、上記のような法人向けの調査機関ですと報告書の様式が決まっていることが多いです。

 

そのため目的にあわせてもう少し細かく項目を調べたい、また個人で企業調査を利用したいときは興信所などを頼ることが一般的になっています。この場合ですと費用は1時間あたりや探偵1名あたりで計算され、特に加盟料やメンバー登録、情報使用料などはかかりません。ある有名探偵社の企業調査では1時間あたり4万円で調査員が最大5名、別の探偵事務所では調査員1名あたり8万円(1日約6時間)などと料金設定されています。もちろんこれはあくまで費用の参考価格になるため、実際には調べて欲しいことにあわせ見積もりを出してもらうことができますよ。

 

ある有名探偵会社の調査事例では知人が経営する会社に対し個人融資をしていたものの、別の知人から悪い評判を耳にしたので確かめたいという相談がありました。最悪の事態を想定し代表者や役員の自宅の特定する調査では約25万円の請求となっています。事前にこのような情報が収集できれば、逃げられたとしてもしっかり相手を追及することができ、損害を最小限に抑えることができるというわけです。企業調査はこのようなリスク回避に活用されています。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵事務所の問い合わせ先一覧

 

暴力団との関係を調べる企業調査について

企業調査ではその会社が暴力団に関係していないか確認することができます。たとえば東京都では条例により契約を締結する際に、契約相手が暴力団員である可能性がある場合は、その事実を確認するように努めることが定められています。疑わしい場合警察に相談することで情報提供を受けることもできますが、うまくその事実を隠した会社や、初めてそのような相談を受ける企業の場合ですとすぐにはっきりと分かるわけではありません。

 

そのようなときは民間の調査会社による企業調査を利用することが一般的です。調査事例では経営者がヤクザだった、役員や役職者に暴力団の幹部がいた、フロント企業(舎弟企業)だったということが判明しています。どのような方が利用しているのかといいますと、新しい取引を始めるとき、重要な契約をするとき、営業をかけるとき、融資や投資をするとき、就職や転職をするとき、そしてこの他にも特定の人の勤め先が暴力団関係ではないか知りたいという方が依頼をかけています。

 

警察が捜査をすることで相手に怪しんでいることがばれてしまうことを不安に感じている方はとても多いです。その点探偵社や興信所はもちろんあなたが調べて欲しいと相談したことを相手企業に漏らすことは絶対にありません。法人はもちろん個人からの依頼も受け付けていますし、調査もスピーディーでなおかつさまざまな目的にあわせ柔軟に対応してもらうことができるのが大きな特徴です。反社会的勢力との関係が気になる方は一度探偵会社に企業調査の相談をしてみることをおすすめします。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵の問い合わせ先一覧

 

米国での海外企業調査について

アメリカ合衆国(米国)は海外の中でも企業調査の対象になりやすいエリアになっています。米国は日系企業が多く進出しており、現在機能していると判断されている日本企業は3000社以上、過去の累計ですと7000千社以上に上ります。業種別で見てみますと製造業では自動車やその部品、科学、電気機器、機械などが多くなっています。商業では、電気機器、機械の卸売業、そしてこの他サービス業などの日本企業が活躍しています。

 

地域別で見てみますと北東部ではニューヨーク州が最も日系企業が多く、次にニュージャージー州、マサチューセッツ州と続いています。首都のワシントンDCは数が少ないです。中西部ではイリノイ州、ミシガン州、オハイオ州、南部ではテキサス州、デラウェア州、ジョージア州、西武では断トツでカリフォルニア州が多くなっており、これらの地域に支店や支社を展開するときや、これらの地域に拠点を置く海外企業と取引をするときなどに現地の関連会社の企業調査が行われています。

 

日本国内においても新しい取引先と契約を結ぶときには、事前にいろいろな情報を収集しリスク回避をすることが必要です。外国の会社と付き合うとなるとさらに慎重に行動することが重要になります。米国進出、輸出や輸入など貿易事業の展開などを考えている場合これから関係する企業の企業調査は欠かすことができません。企業調査では基本情報に間違いが無いかどうか、この他目的にあわせ信用や与信、業績、市場調査などを行うことができるので活用してください。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵社の問い合わせ先一覧

 

韓国の企業調査について

ニュースなどで見かける韓国の受験風景からも分かるように、エリートになることが幸せな人生だと考えている方が多く、職業に対しても日本より強いプライドを持っているのが特徴です。韓国のビジネス街といえばソウルの中心にある明洞(ミョンドン)や韓国のウォール街汝矣島(ヨウィド)。駅三(ヨクサム)です。日本語も通じやすく有名ホテルなども揃っていることから出張する機会も多いです。ロッテ百貨店などの有名ショッピング施設や東大門などの露店街があり、服飾品の買い付けに足を運ぶ人も多くなっています。日本では韓国のオルチャンファッションやコスメ類の注目度が高く、輸入してくれる卸業者を調べて欲しいといった企業調査の相談も多くなっています。

 

交通機関はソウルメトロ4号線明洞駅、ソウルメトロ2号線乙支路入口駅などを利用することができますよ。特にミョンドンには三星電子、現代、航空会社、LOTTE、LGなどの大企業のオフィスビルが点在しています。ソウルタワーや63ビル、ソウル最大の繁華街などがあり観光やビジネスの窓口として日本からもたくさんの人が訪れています。

 

企業調査は新しく取引を始めたい会社や契約を見直すとき、また現地に支社や支店を進出させたい、事業拡大をするための視察などに役立てることができますよ。韓国企業は決断が早いと言われていますから、中には信頼関係を築き上げる前に決断を迫られてしまうこともあります。万が一のことを想定し事前に企業調査を利用して情報収集しておくことがリスク回避にとても重要になっています。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵事務所の問い合わせ先一覧

 

シンガポールの企業調査について

シンガポールといえば海外進出の拠点としてたくさんの企業が事業を展開しています。世界の中でもビジネスがしやすい国として高く評価されており、親日家が多いため日本人が事業を始めやすくなっているのもポイントです。英語はもちろん日本語が通じる場合も多く、輸入や輸出などの貿易関係、電気機器類や機械類の製造下請けなどを目的に企業調査を行う会社が多くなっています。

 

日系企業の進出状況は約800社になっています。企業調査では実際に現地に進出するために必要な情報を集めることもできますし、業務提携先や関連企業、取引先の具体的な情報を調べることもできます。投資先としては研究開発やサービスなどが選ばれています。リスクを回避するために登録事業内容、経営状況、風評、信用、与信などを調べることが一般的ですよ。

 

電車のMRTシティーホール駅周辺がシンガポール中心部になっています。チャンギ空港からは約30分の距離になっており、ラッフルズホテルなどの有名宿泊施設があります。マーライオンのあるシェントンウェイは高層ビルが密集しており、金融やIT関連企業を中心にたくさんのオフィスが集まるビジネス街になっています。

 

世界各国から人材が集まるシンガポールでは、取引先の経営者や役員が信頼できるのか、また営業担当など直接やり取りをする人物に問題が無いかなどを企業調査で調べることも多くなっています。この他にも優秀な人材を見つけ出したい、ベンチャー企業と提携したいという目的にも活用されています。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵ランキング

 

タイの企業調査について

タイでは担保の有無が信用に深く結び付いています。いくら儲けが大きくても急激に事業を拡大しているような企業と取引をするときは注意が必要です。企業調査では株主や経営者の個人資産などを含めた資金、財務、与信などがよく調べられています。タイではバンコクのアソーク通りがオフィス街として有名で、高層ビルが立ち並び、NECや東洋エンジニアリングなどがテナントに入るサーミットタワー、富士通、イオンなどテナントに入るエクスチェンジタワーなどがあります。ビジネス街はこの他にもシローム、サトーン通りなどがあります。

 

交通機関は路線バスやバンコクスカイトレイン(BTS)スクムウィット線などが利用できます。宿泊施設はジャスミンシティーホテル、また日本のビジネスホテルチェーンのスーパーホテルもタイバンコクに展開されています。電車については上記のBTS以外にも地下鉄のMRT、空港間を移動できるエアポートレールリンク(ARL)などが利用できます。モーチット、バヤタイ、マッカサン、サイアム、スクンビット(アソーク)、サラデーン(シーロム)、そしてスンナブーム国際空港が主要駅になっています。

 

タイで一番高い超高層ビルのバイヨークスカイ周辺には衣料問屋街や電気屋街などがあります。ただしパソコンソフトについては海賊版がほとんどになっているため、コピー商品の購入には注意してください。精密機器部品製造や繊維関係の事業を目的に下請けを探す方や買い付けをする方などが企業調査を活用しているので参考にしてください。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵社ランキング

 

中国・台湾・香港の企業調査について

アジアの中で最も身近に感じる国といっても過言ではないのが中国、台湾、そして香港ではないでしょうか。海外進出の第一歩として日本企業が支社を展開したり、また個人で現地に会社を設立する人、輸入や輸出など貿易をするために現地企業と提携する場合も多いです。中国では北京市の北京商務中心区(北京CBDが経済の中心となっています。この他上海も大企業が多くオフィスを展開していますが、最近では蘇州、青島、深セン、寧波、大連などが注目されています。

 

台湾では台北市の中山区がオフィス街になっています。観光客も多く宿泊施設も充実しており、海外出張などによく利用されているエリアです。台湾企業は中国語、英語、そして日本語に対応していることがとても多いのが特徴です。またIT関連、電子機器関連の事業に強くなっており下請け企業との提携を考える方が企業調査を利用しています。

 

一方香港のビジネス街といえば中環(セントラル)です。一流企業がテナントに入る超高層ビルが立ち並びショッピング施設も豊富になっています。香港は世界三大金融センターのひとつと評価されており、多国籍企業がアジアの拠点として進出しています。金融や流通関係に強く、この他観光関係の事業を目的にしている方も多く企業調査を利用しています。

 

中国系企業は血縁や地縁、昔からのネットワーク、伝統などをとても大切にしています。暗黙のルールがあることも多く、何も知らずに取引をすると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうため注意が必要です。事業展開するには重要なポジションの人物と上手く信頼関係を築くことが必要なため、企業調査を利用して事前に情報収集する方が多くなっています。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵事務所ランキング

 

フィリピンの企業調査について

フィリピンでは1995年に経済区庁(PEZA)が設立されたことにより、外資誘導政策が取られることになりました。PEZA内の工業団地は優遇措置が取られており、4年間(最長8年)の法人所得税の免除、輸入資本財や部品(パーツ)、原材料の関税免除、通信、電力、水道代などを含む現地購入品の付加価値税がゼロとなっているのが特徴です。また外国人投資家とその家族には永住権が保障されており、融資先の現地企業を調べておきたいと企業調査を利用する方もいます。

 

ビジネス街は首都マニラにあるマカティ市になっています。立ち並ぶ高層ビルにはインテルやマイクロソフトなどのIT企業や食品飲料会社のネスレなどのオフィスが入居しています。また富裕層向けのショッピングモールや高級住宅街もあります。ビジネスホテルもたくさんありますし、中心部は治安も良いので出張や視察も安心です。

 

フィリピンは個人消費の割合がとても高く、一方貯蓄率が低いという特徴があります。小売業や飲食業など消費を促進するような事業が成功しやすくなっており、そのため市場調査(マーケティング調査)、製造や販売ルートの確保などに企業調査が利用されています。

 

日本に比べると原材料の現地調達が難しいため、どのように地元企業と提携し原料を集めるのかということを重視して企業調査を行うケースが多くなっています。この他にも下請け業者の人材の質や労働環境、設備などにウソは無いかを調べることが一般的です。付き合いが長い取引先であっても不正が無いかどうか定期的に調べることが多くなっていますよ。

 

⇒企業調査で選ばれる私立探偵ランキング