セクハラやパワハラ・モラハラ

私立探偵で解決!セクハラやパワハラ・モラハラ等の嫌がらせ

迷惑行為を繰り返すことを嫌がらせと呼んでいます。職場ですとセクハラやパワハラ、モラハラ、最近では無理にアルコールを飲ませるアルハラなども増えてきています。学校内ですといじめが問題化していますし、ご近所トラブルでは昔から騒音や監視、ゴミや汚物による器物破損、地域からの仲間はずれなどが起こっています。この他にも最近ではインターネット上の荒らし行為(炎上)も注目されています。

 

上記のような嫌がらせ行為は法律に反するのでしょうか。民法709条の他人の権利を侵害する不法行為に該当すれば民事訴訟を起こすことが可能です。民事調停や民事裁判で精神的苦痛が立証できれば慰謝料を請求することが可能です。ただし中には無視したり、自身の敷地内にゴミを集める、自分にだけ聞こえるように悪口を言うといった法に触れないような手段を取るケースもあります。このような場合は証拠が集めにくく法的手段で訴えることが難しくなります。

 

ただし一見合法的に見えても証拠さえあれば法律の専門家を頼ることで裁判所に訴えを起こすことができます。証拠の収集に関してはやはり探偵事務所を頼ることがベストです。調べが進む中で相手の行動がエスカレートし、法律に反する嫌がらせをされた場合は刑事告訴を考えることもできます。とにかく大切なことは証拠を収集し誰がどんなことをしてどんな被害を受けたかはっきりさせることです。困っている方は一度ハラスメント対策に詳しい探偵会社を頼ってみてくださいね。

 

⇒嫌がらせ対策に強い私立探偵の無料相談窓口