不貞行為による慰謝料請求

不貞行為による慰謝料の請求について(私立探偵)

不貞行為とは結婚している夫婦だけに適応されるわけではありません。彼氏や彼女の関係であっても一定の条件下では浮気が不法な行為だと判断されることになります。第一に婚約関係にある場合です。婚約者が浮気をしており、特定の異性と肉体関係を持って交際をしていたという場合は不貞行為だとみなされています。この他口約束でも結婚をしようと二人の間で意思疎通ができていた場合、また家族や同僚、友人などに結婚をするつもりだと話していた場合も婚約中と同じような判断がされます。

 

この他に特に結婚という話は出ていなかったものの、長く同棲しており内縁関係にあった場合などの浮気や不倫についても不貞行為になります。ただし慰謝料請求の相場に関しては実際に婚姻していた夫婦よりも若干安くなる傾向にあります。配偶者に浮気をされた時の一般的な慰謝料請求は100万円から300万円ですが、もちろん個々のケースによってかなり違いがあるためこの辺りは知識や経験のある弁護士などに確認することがベストです。

 

不貞な行為は特定の異性と複数回にわたり肉体関係が継続していることが条件になります。そのため風俗店を利用していた、また友人や知り合い、同僚と1回限りで浮気をしてしまった、特に交際をしておらず出会い系サイトなどで遊んでいたというケースについては相手への慰謝料請求は難しくなっています。ご自身の事例が賠償金を求めることができるかは専門家にアドバイスを受けてみてください。

 

⇒慰謝料請求に強い私立探偵ランキング