不倫による慰謝料請求

不倫による慰謝料の請求について(私立探偵)

不倫による慰謝料請求の中でも注意しなくてはいけないことは不倫相手も既婚者だった場合です。いわゆるダブル不倫の場合、自分が配偶者に損害賠償を請求するのと同じで、相手の家庭からも自分の夫や妻に精神的苦痛の賠償が求められることになります。そのため自分の旦那や嫁が高収入だった場合などは思わぬ高額な慰謝料請求が来ることもあり、離婚せずに関係の修復を目指す方は金銭的な負担が大きくなってしまいます。

 

不倫による慰謝料請求の相場は100万円から300万円となっていますが、上記のように収入や資産が多い場合、社会的地位が高い方などは少し高くなってしまう傾向にあります。またこの他結婚期間やW不倫が婚姻の破綻に与えた影響、そしてその行為の悪質さなどさまざまな事が考慮され金額が決定されます。ただし金額については示談や調停であればいくら請求してもかまいませんから、相手が支払うと言えば希望額を満額もらうことも可能です。

 

もし、不倫が原因での離婚は自身の金銭的負担は無く、ただ配偶者とその相手に慰謝料請求するだけになります。ただし両者が素直に応じるとは限らないため、ほとんどの方が弁護士など法律や離婚問題のプロにアドバイスを受け、また話し合いの場においてサポートしてもらっています。夫婦の関係の修復を目指す場合ですと、相手と上手く交渉し、損害賠償をお互いに求めないという方向性を考える方もいます。まずは自分がどんな風にしたいのか落ち着いて考え、専門家に相談することが必要ですよ。

 

⇒不倫の慰謝料請求に強い私立探偵ランキング